HOME | カウンセリングについて | 相談方法各種

  札幌市の中心街にあり通いやすい場所です。

カウンセリングと心理療法|札幌心の相談センター

カウンセリングと心理療法|札幌心の相談センター

相談方法各種 

ご相談のご目的にあった相談方法

それぞれの方々にあった相談方法を取り入れながらカウンセリングを進めて行きます。
 

・精神分析的カウンセリング

精神分析の手法を使い、性格傾向や行動を改善することを目指します。
「気付かない」、「気付けない」自分の気持ちが分かって悩みが解消 されてゆきます。
 
心の中のダイナミックな動き(衝動、葛藤、心を守る為の防衛的心理)に気づき、それらに振り回されない自分づくりを目的とします。
 
ご相談者自身の内的世界を旅することをともに歩み、時には「たゆたう」様に。
カウンセラーの内的世界が水先案内人の様に、あるいは曳航するように深い洞察へとカウンセリングが進んでゆきます。


・認知療法

物事に対する受け止め方、考え方の偏りや思い込みを修正する方法です。
偏りや思い込みがあると不快な感情がより強くなります。
落ち込み、イライラやユウウツ感につながります。
この受け止め方や考え方を修正し健やかな日常生活を送れるようにしてゆく方法。
効果のある心理療法で、広く行われています。
アメリカの精神科医アーロン.T.ベックによって始められました。


・行動療法

思うように行かない行動・症状(人前でのあがり緊張など)は繰り返しの経験によって不適応的な行動を学習した結果であるか適応的な行動を学んでいないかのどちらかであると行動療法は考えます。
 
対象は不安、恐怖などの感情面、振る舞い・態度など行動面、思考・予測・イメージといった認知機能面など多岐にわたっています。
 
学習理論の基づく諸技法を用いて、不適応な考え方、感じ方、行動の仕方をより適応的な行動を学習することを目的とする一連の体系です。
 
不安や恐怖のコントロールに系統的脱感作法がもっともよく使われている技法です。
 


・来談者中心療法

人は成長する力を持ってます!
温かく許容的、受容的、理解的なカウンセリングを繰り返す中で、自己の内面に向き合っていくことをおこないます。
 
経験を通して感じたり考えたりした事が、今の自己にどのようにつながっているかに気づく事ができます。
 
カウンセリングの過程で「洞察」「気付き」が生まれ、新しい自分を感じられるようになって行きます。
 
価値感や感じ方が変化し、苦手意識がなくなったり、自分に自信がもてるようになったり、周りの出来事を楽に受け止められるようになったり、自分が何をしたいのかがわかってきたり、よい方向へと前向きに変化してゆくことができてゆきます。
 


・イメージ療法

 
目を閉じリラックスして精神内界に注意を向けていると何らかの視覚的イメージが浮かんできます。
この内的イメージを手法・技法により、ふくらませ、体験することにより、例えば不安、恐怖、緊張などの症状が軽減されます。
イメージ療法が有効であるのは、視覚イメージそのもの(内容)によるのではなく、こころと身体の全体で反応しているイメージ体験過程であると考えられています。
代表的のものとして系統的脱感作法や自律訓練法の黙想練習などがあります。